マッサージはティーン向け治療薬

マッサージ
マッサージとは、ロート製薬が開発したティーンのにきびのための商品です。
マッサージの商品名の「アクネス」は、この商品のコンセプトが「アクネ菌と戦う」ということなので、どうもアクネ菌というところから取られたようですね。

マッサージが必要な中学や高校のころといえば、にきびのできる位置によって「思い」「思われ」「振り」「振られ」なんて占いじみたことをやってましたね。
私がティーンでにきびに悩んでいたら、マッサージとスキンケア商品はぜひ使いたい!と思ってしまうような商品です。
でもにきびができてしまたら、恥ずかしいですよね。
だからマッサージを塗ってからファンデーションを塗るということに。
あっと、マッサージの仲間でにきび予防のジェルがありますね。
そんなことをやってるよりも、やっぱりマッサージでにきびを治す方が先決。
もっともにきびができたらマッサージだけ塗って、メイクするなんてもってのほかなんですけどね。
でもにきびができたら恥ずかしくて隠したくなるので、余計メイクしたくなるでしょうね
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87351352

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。